こんにちは。

カテゴリーに「パパ弁当
とあるのですが、
娘のお弁当も一緒の記事なので
パパ弁当の写真と少しの解説でまとめていこうと思います。
詰め方の参考にしていただければ幸いです。

「前に見たし!」
って方はスルーでお願いします。

まずは10個ずつ。

no.1
hanpen01
チューブタイプのねり梅を乗せて、
大葉を少しちぎって添える。
(この記事はこちら

no.2
papa02-02
五色ふりかけで曲線を描く。
(お弁当箱、縦Ver.)
(この記事はこちら

no.3
papa03-01
ふりかけを「点」としてご飯に飾る。
(この記事はこちら

no.4
daikon01
こちらもふりかけで曲線を描く。
(お弁当箱、横Ver.)
(この記事はこちら

no.5
maru01
ふりかけで「円」を表現。
型抜き等をご飯に乗せて
ふりかけを型抜きに入れる感じ。

型抜き内をふりかけで敷き詰めたら、
型をご飯からそっと外す。
(この記事はこちら

no.6
arare03
ぶぶあられをピンセットで乗せていく。
(この記事はこちら

no.7
arare02
梅あられを乗せる。
葉っぱは薄切りにした絹さや。
(この記事はこちら

no.8
mizutama01
紫キャベツの甘酢漬けに、
ワッフル状に切った大根を一晩漬け、
円状に型抜きし、
ご飯の乗せる。

(この記事はこちら

no.9
hamachi01
私の苦手な「のっけ弁」
きっと皆さんの方がお上手(;^_^A
(この記事はこちら

no.10
chikuwa-kuma03
おかずがなくて、
ちくわのかば焼きでごまかした。

ちくわを縦に半分に切り、
長さを半分に切って、
爪楊枝で刺す。

片栗粉をまぶして
薄く油を敷いたフライパンで焼く。

砂糖、しょうゆ、味りん、酒等で
かば焼きのタレを作り、
フライパンに入れて
ちくわに絡めながら煮詰める。
(この記事はこちら

簡単ですが、
ザァーっとまとめてみました。
これで、「パパ弁当」の
カテゴリーの意味が発揮(笑)

今後も
その2、その3とまとめていきます。

いつも応援ありがとうございます。

コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。